購入にはない賃貸ならではのメリット

その時々のライフスタイルに合った暮らしを送ることが出来る

賃貸での暮らしは長く続ければ続けるほど損をするため、マイホームを購入した方が得であると考える方も少なくはないでしょう。

ですが、賃貸には購入にはないメリットが多くあるので、一概に購入が全てであると言い切ることは出来ません。

そのメリットの1つとしてまず最初に挙げたいのが、その時々のライフスタイルにあった生活を送ることが出来るという点です。

家族の増減、収入の増減があっても、その時の暮らしに相応しい広さや家賃の部屋に移り住むだけで、生活の質を落とさずにすみます。

購入の場合はそう簡単に住み替えができないので、賃貸ならではの魅力的なメリットであるといえます。

隣人トラブルも住み替えることで解決出来る

そして、住み替えが自由に効くということから、隣人トラブルに遭遇した際も引越をすることでストレスを溜め込み、引きずることなく問題を解決することが出来ます。

隣人トラブルの多くが音漏れによる騒音が原因となっていますが、ゴミの出し方や車、自転車の止め方などトラブルの引き金となり得ることは多くあります。

購入の場合は、隣人トラブルが発生した際はただひたすら耐えるだけの生活を送るしかなくなり、大きなストレスを抱えながら生活することになってしまいますので、隣人トラブルに対してもこうした住み替えが自由に効くというのは大きな魅力となります。

購入に比べ支払いに対するプレッシャーが少ない

また、マイホームを購入した場合は毎月のローンに加え、固定資産税や都市計画税などローン以外にも必要となる支払いが生じます。

それに加えて、建物の設備に不具合が発生した場合、また別途費用をかけなければなりません。

賃貸の場合は、数年おきに更新料はかかりますが、基本家賃以外に出て行く出費はありません。

ですので、購入に比べ支払いに対するプレッシャーを感じずにすみます。

賃貸の暮らしにはこうした購入にはないメリットとなる部分が多くありますので、マイホーム購入が全てであるとは言い切れません。

賃貸の魅力は、なんと言ってもその身軽さにあります。家族や仕事の状況に応じていつでも住み替えられるのが良いですね。