ボロボロになった室内をピカピカにしよう

新築時と変わらない室内にできる

新築の時はピカピカだった室内も、築年数が経つと劣化していきます。劣化してしまうと見た目が悪くなるほか、快適性まで損なわれてしまいます。しかし、古くなったからと言って諦める必要はありません。リフォームを行うことで、新築時と変わらないピカピカの室内を取り戻すことができます。リフォームは戸建てだけではなく、マンションでも施工可能です。壁紙や床、設備を取り替え、快適で新しい室内にしてみてはいかがでしょうか。

劣化しやすいキッチンや浴室の相場

マンションリフォームをしようと思い立つと、気になるのが費用です。マンションリフォームは、一体いくらぐらいの費用がかかるのでしょうか。部屋別の相場をまずは知り、資金計画を立てるようにしましょう。室内で最も劣化しやすいのがキッチンです。キッチンのリフォームの相場は50万円から100万円ほどです。どのシステムキッチンを選ぶかで、費用は大きく異なります。同じく劣化しやすい浴室も50万円から100万円ほど、トイレは20万円から50万円ほどでリフォームできます。

大幅な間取り変更はリノベーション

リビングや寝室は、50万円から100万円ほどでリフォーム可能です。どの床材を使用するかで、金額が異なってきます。無垢材は非常に人気ですが、費用が高くなる傾向にあります。玄関周辺は50万円もあれば、十分にリフォームを行えます。室内全体が劣化している場合には、リノベーションも検討しましょう。リフォームは個別部分を新品同様に施工しますが、リノベーションは一度室内を全て取り壊します。その上で新たに壁や床を作っていくため、室内全体が新築時と全く変わらなくなります。大幅な間取り変更もできるため、リノベーションは非常に人気となっています。

マンションリフォームを行う場合には、隣接している住戸や上下の住戸にも迷惑をかけるので気をつけなければなりません。