不動産を所有するから賃貸への流れがあるのです

不動産ビジネスは転売で儲けるから賃貸で儲けるのが主流です

不動産ビジネスというのはバブルの時には不動産価格が購入時よりも値上がりする値上がり益を目当てにどんどん投資を行うということが行われたのですが、元来、不動産ビジネスの主流は手持ちの不動産に入居者を入れることによる家賃収入が収益を得るというのが基本なのです。

転売益を求めないということは、不動産を持っているだけでは収益が得られないため、いかに入居者を集めるか、いかに長く借りてもらえるのか、ということが大きなポイントになるのです。

賃貸収入を安定させるためには工夫が必要です

賃貸で常に満室御礼という状態が不動産で賃貸経営をするときの理想の姿ですが、そのためには様々な工夫、努力をすることが必要なのです。

所有する不動産の特性を的確にとらえて、それにマッチする入居者をいかに探して、実際に入ってもらうか、ということが重要なのです。

賃貸収入を安定させるためには、所有する不動産が賃貸物件として魅力的なものであり、入居者の満足度が高いことが長期に渡って入居をしてもらえる条件と言ってもいいのです。

賃貸物件の魅力を高めるのはソフトです

物件の魅力を高めるのは、例えばその立地、駅から徒歩10分など駅に近いということが実は賃貸物件では一番魅力として大きいところです。

しかし、そうした既にに動かせない物理的な面以外に大事なのがソフトです。

例えば入居者の言うことを大家さんがよく聞いてくれて対応が早いとか、いろんな相談に乗ってくれるなどというサービスがあったり、入居者同士のコミュニティーを育むようなイベントを大家さんが企画したりということは、今の時代において重要なセールスポイントとなるのです。

期間限定でも借りることができる札幌の賃貸マンションは、敷金礼金なしやペット可能など好条件の物件が数多くあります。