これから飲食店をオープンさせる

飲食店の経営なら店舗物件を使う

今まではサラリーマンとして働いてきたような人が、脱サラをして飲食店をオープンさせることになった場合、まず必要になってくるのが店舗です。どこにどのような店舗を構えるかが重要です。しかも、ここにはそれなりに費用がかかってきます。初めての飲食店オープンの場合、できるだけ費用をかけることなくお店をオープンさせたいと思うのが普通です。そんな人にとっておきの物件があります。それは店舗物件と呼ばれるものになります。

店舗物件で早めにオープンさせる

もともと店舗として利用していたような物件を再利用することで、お店を早めにオープンさせることができます。もともと飲食店だったところなら、再利用できる部分がかなり多いですから、あえて新しく購入するものも少なくなります。これならば、確実にお店で購入するものが減るので、発注して納品を待ったりする必要もなくなります。そして、居抜きのようなものであれば、店内の改装にもほとんど費用を使わずに済みます。よって、少ない費用でオープンできます。

店舗物件はどこで借りるのか

それでは、店舗物件を利用する場合には、どこに相談すべきかというと、自分がこれからお店を出店したいと思っている地域にある不動産屋さんに相談します。地元であれば、いろいろな情報を抱えているので、理想的な物件の情報を提供してくれるだけではなく、その地域の人の流れなどについても、アドバイスしてくれます。飲食店の場合、それなりに人通りがあるところではないと、なかなか勝負するのが難しかったりしますので、地元の不動産屋さんは重要です。

上階が集合住宅になっている店舗物件は入居者が固定客になりやすい利点があります。その一方で店舗用の駐車場の確保が難しく、店舗内に上階の住居の生活音が入り込むことがある点を注意する必要があります。